FC2ブログ

プロフィール

ひなた

Author:ひなた
ラバウル甲9提督。
阿賀野とケッコンカッコカリしました(14/08/19)


コメント返し遅れていて本当に申し訳ないのです!!
ひなたがいない時はお絵描きの世界に旅立っています。ご了承ください。

ひなっと】もよろしくです。

その他、情報は【こちら】です。


最新コメント

リンク

メールフォーム

参加ランキング

応援してやんよという方はクリックをお願いします。
あなたが好きなのは瑞?
それとも雲?
にほんブログ村 ゲームブログ 艦隊これくしょんへ

ブログランキング

RSSリンクの表示

寒い!

Category : 日記
前髪を切りました。ひなたです。

気付くのが遅れましたが、アクセスカウンターが8000を超えていました。
いつもうちのブログにお越しくださり、ありがとうございます。
今後もどうぞよろしくなのです!

それにしても、寒いですねー。
寒さに耐えつつとある駆逐艦をレベリングしています。今週中にはケッコンまで持って行けるかなー?



完成!?



『艦これ改』の開発が完了したらしいですね。
発売日もこれで変更がないとのことです。

秋イベの新艦娘も実装されているようですね。
秋イベの話題を攫って行った鹿島も実装ですよ、提督さん!
鹿島狙いで『艦これ改』を手に入れる提督さんもいらっしゃる気がします。
発売日が長引いたおかげ(?)で、艦娘の実装数も増えましたね。

問題があるとすれば、冬イベと重なりそうなことですね。
あと、冬イベに追加される艦娘の中にお気に入りができてしまったら、『艦これ改』にも追加してーと思ってしまいそうなことです。これは、今後、本家で追加実装されて行く度に思うことになりそうですが。

いずれ本家がサービス終了したら、『艦これ改』で育成を続けて行くことになるのでしょうか? 定期的にイベントがあるわけでもないですし、自分がどうなっているのかわかりません。
イベントがあってこその『艦これ』な気がするんですよねー。

先のことはわかりませんし、『艦これ改』自体もどうなっているのかもほとんど謎ですから、その時その時で楽しめたらいいなと思います。

とりあえず、明日のメンテと霞ちゃんは期待できると思っているので、そちらを全力で楽しみたいと思います。
レベルが足りていますよーに!


↓応援(クリック)よろしくお願いします!(by 阿賀野)
にほんブログ村 ゲームブログ 艦隊これくしょんへ  

酒匂待ち

Category : 日記
友人とスカイプしながら記事を書いてる、ひなたです。

目安箱3連続で更新した昨日までですが、今日は運営さんのツイートを取りあげるだけで終わります。


コラボ



酒匂の画像が出てきたか!?

と思ったら、まだでした。

全国規模で展開予定……全国にうちの地域も入っていますか?
さすがに入っているだろう。入っているに違いない。たぶん、おそらく。

商品をいくつか買って、ポイント貯めて、抽選に応募とかそんな感じですかね?
それだとあまり参加できないかもですが、阿賀野型の描き下ろしだけでも嬉しいの問題ないです。他の皆さん頑張ってください。


あとは、母港がさらに広がるとか聞きました。
イベントに向けて運営さんも頑張っているご様子。
楽しみに待ちたいと思います。


↓応援(クリック)よろしくお願いします!(by 阿賀野)
にほんブログ村 ゲームブログ 艦隊これくしょんへ  

阿賀野の目安箱3

Category : うさ擬提督
昨日の『阿賀野の目安箱』についてですが、時間に追われて解説するつもりだったことが抜けていたので補足します。
まーいいや、と言う方は読み飛ばして頂ければと思います。

漣語がよくわからなくて、うまく書けているかどうかわかりませんが、漣のウザさ(褒め言葉)が出ていればいいなと思います。


『大和農園』と『武蔵農園』は元ネタがあります。
それでは、艦これ公式4コマ第5巻111ページを開いて、そこからちょっと読んで行ってください(丸投げ!)

……丸投げはよくないので、ちょっと説明します。
大和と武蔵がトラック泊地にいた時、生鮮食品が手に入りにくかったようです。
そのため、乗組員が陸地で畑を作っていたことから、それらを『大和農園』や『武蔵農園』と呼んでいたとか。

このネタを思い出したので、思いつきの行き当たりばったりで投入したのが昨日の目安箱になります。


こんな感じで、補足終わります。



阿賀野の目安箱3


kancolle16011401.png


阿賀野
「提督さん!」

うさ擬提督
「おお、阿賀野! 忙しそうにしていたね。何か用かい?」

阿賀野
「『軽巡洋艦の会』を作るのにいろいろ伝達していてね。みんなで集まる場所を確保したり、軽巡たちに周知させたり。でも、それは今はいいの! 目安箱に投書があったから持ってきたわよ」

うさ擬提督
「思った以上に前向きに『軽巡洋艦の会』が形成されていっている」

阿賀野
「今回も複数の投書があったわ。目を通して、順番にしてみたから読んでみて」

うさ擬提督
「順番があるのか? と言うか、ちょっと思っていたんだけど、わざわざ投書する必要のないこともあるような気がするのだが」

阿賀野
「提督さんだって忙しくて不在な時があるでしょう。それに直接言いにくいことも、手紙に書いたりすると伝えやすかったりするじゃない。だーかーらー、必要なのよ!」

うさ擬提督
「そうですか」

阿賀野
「そうよー」

うさ擬提督
「納得していいのかどうか。とりあえず、読んでいこう。『提督、なかなか面白い試みをしているようね。折角なので私も利用させて頂きます。そうは言っても、突然なので何を書いたらよいものかしら。もう少し考えてから、相談事を書こうと思います。では。 加賀』――え? おしまい?」

阿賀野
「一通目はそれでおしまいよ」

うさ擬提督
「ただの手紙じゃないかー! 加賀よ、本気なのか、呆けているのか、どちらかわからないぞ!」

阿賀野
「次を読んでみて」

うさ擬提督
「出だしからツッコミが必要な手紙が来るとは思わなかった。えっと、『相談事を考えてみたのだけれど、ひとつ思い出しました。最近、誰かに見られているような気がしています。何か用なのかと思って誰何しようとしても、逃げてしまいます。ようやくこの間、後ろ姿を目撃できました。お団子頭の軽巡洋艦でしたね。問い質そうとしても、逃げられるばかりで埒があきません。可能なら真相を突き止めてもらいたいのだけれど、いかがかしら? 加賀』――お団子頭の軽巡洋艦……那珂か」

阿賀野
「もう、那珂ったら何やってるのかしら?」

うさ擬提督
「仕方がない。那珂を呼んでくれ。直接聞くとしよう」


――那珂を呼び出し中――


那珂
「那珂ちゃん、参上! 提督、お仕事ですかー!?」

うさ擬提督
「那珂よ。お前のやっていることはすでにわかっている。白状しなさい」

那珂
「どきっ!? もしかして、勝手にミニライブをしようとしていたことがばれちゃった!? 提督ぅ、今回だけは見逃してぇ!」

うさ擬提督
「ライブするなら、ちゃんと申請してからって言ってあるでしょ! ……じゃなくて、最近、加賀に付きまとっているようだね?」

那珂
「なぁんだ、そのこと?」

うさ擬提督
「加賀が困っているようだよ」

那珂
「那珂ちゃんとしては敵情視察も重要かなって。アイドルにライバルはつきもの! 壮絶なアイドル戦争を生き残るには敵を知ることも大事なんだよ!」

うさ擬提督
「アイドル戦争って……まぁ、いいや。つまり、加賀を付け回していたのは、勝手にライバル視した故の行動だったと?」

那珂
「シンプルに言うとそうゆーこと!」

うさ擬提督
「ちなみに何で加賀がライバルなんだい?」

那珂
「提督、知らないのー!? 『加賀岬』だよ、『加賀岬』! 認めたくないけど、認めてこそ成長できる。あれの登場で那珂ちゃんの盤石なアイドルとしての地位が揺らいでしまったんだよ! これは対策を立てねばと、敵情視察を敢行しましたっ!」

うさ擬提督
「なるほど、なるほど……って納得できるかー!」

那珂
「きゃあ、顔はやめてー!」

うさ擬提督
「何もしていないのに、言いがかりはやめなさい!」

阿賀野
「まぁまぁ、提督さん、落ち着いて。那珂、もう加賀のことを付け回したら駄目よ。那珂はそのままで十分アイドルとして輝いているんだから。自信持ちなさい!」

那珂
「阿賀野ちゃん! うん……そう、そうだね! 阿賀野ちゃんの言う通りだ。那珂ちゃんの今までのアイドル人生で培ってきたこと、そしてファンのみんなを信じなきゃ駄目だよね!」

阿賀野
「そうよ!」

那珂
「うん、那珂ちゃん頑張るよ! ありがとう、阿賀野ちゃん」

うさ擬提督
「お取り込み中、申し訳ないのだが、問題解決ということで次に行こう、次」

那珂
「那珂ちゃん、ミラクルパワーアーップ! ああ、今なら何でもできる気がする!」

うさ擬提督
「わかった! わかったから、後で聞くから、とりあえず先に進ませて! えー、こほん、『もうひとつ相談事を思いつきました』――ってまた加賀かい!」

阿賀野
「提督さん、大事な投書を投げつけないでちょうだい!」

うさ擬提督
「阿賀野が順番にしてみたって言っていたのは、加賀の投書を並べたってことか。なになに、『もうひとり、私のことを見ている子がいます。萩風なのだけれど、何か用かと問い質そうとしたら、こちらも逃げてしまいます。ずっと見られているのは流石に気になるので、できれば理由を知りたいと思うの。よろしくお願いするわ。 加賀』」

阿賀野
「萩風はどうして加賀を見ているのかしらね?」

那珂
「那珂ちゃんと一緒でライバルだと思っているんだよ!」

うさ擬提督
「そんな訳あるかっ!」

那珂
「じゃあ、ファンの追っかけだねっ! ……しまった! 四水戦の子が加賀ちゃんのファンになってしまった!? 四水戦の子達によるバックダンスが崩壊してしまう!? やっぱり那珂ちゃんってばピンチ!?」

うさ擬提督
「那珂は置いといて……阿賀野、萩風を呼びだしてくれるかい?」

阿賀野
「了解です!」


――萩風を呼び出し中――


萩風
「あの……萩風、何かしましたか?」

阿賀野
「大丈夫よ。ちょっとお話を聞くだけだから」

うさ擬提督
「単刀直入に聞くよ。最近、加賀を追いかけてるみたいだね。理由を聞いてもいいかな?」

萩風
「あっ! ご、ごめんなさい……その、ちょっと確認したくて」

うさ擬提督
「確認?」

萩風
「はい……加賀さんの髪型を見ていたんです。参考にしたくて」

うさ擬提督
「そう言えば、萩風は加賀と髪型が似ているね」

萩風
「ありがとうございます。加賀さんにはよくして頂いていたので……それで、ちょっと加賀さんの真似をしてみました。でも、うまくできているか心配で、加賀さんの髪型を見て研究をしようと……」

うさ擬提督
「なるほど。那珂の言うファンの追っかけはあながち間違っていなかったと言うことか」

那珂
「那珂ちゃん、正解!? やったね! もしかして、那珂ちゃん、アイドルだけじゃなくてバラエティでも活躍できる可能性が!? どうしよう! クイズ番組とかに呼ばれちゃうかも~」

うさ擬提督
「加賀がなぜ萩風が自分を見ているのか不思議に思っていたようだよ」

萩風
「あ、すみません。加賀さんによくして頂いたのに、私、大事な時に助けられなくて……だから、声をかけてもいいのか迷っちゃったんです」

うさ擬提督
「今言ってたことを話したら、加賀も喜ぶと思うよ。表情には出ないと思うけど」

萩風
「そうでしょうか? 迷惑じゃないかしら?」

阿賀野
「そんなことないわよ! 慕ってもらえるなんて嬉しいことよ。きっと喜ぶわ!」

萩風
「司令、阿賀野さん、ありがとうございます。次に加賀さんに会ったら話してみますね」

うさ擬提督
「ぜひそうしなさい。よーし! 投書ももうないようだし、今回もこれで解決だな。と言うか、投書の差出人がすべて加賀だったんだが」

阿賀野
「お疲れ様、提督さん」

うさ擬提督
「まぁ、いいか。終わって清々しいところ申し訳ないのだが、阿賀野」

阿賀野
「なぁに?」

うさ擬提督
「また、服をこんなところに置いているぞ」

阿賀野
「阿賀野、置いていないわよ。たぶん」

うさ擬提督
「だんだん弱気になって、目をそらすんじゃない」

酒匂
「ぴゃあ、しっつれいしまーす! 司令、私の服、預かってくれてたの! ありがとー」

うさ擬提督
「酒匂! え、これ、酒匂のなの?」

酒匂
「そう。ちょっと前に隣の秘書艦室で着替えて、司令に会いたいなーと思って、それを持ったまま司令の部屋へ来て忘れて行っちゃった。もう、司令がいないのが悪いんだよー」

うさ擬提督
「私のせいなの!?」

阿賀野
「ほらぁ。私の服じゃなかったでしょう」

うさ擬提督
「急に自信たっぷり偉そうになったな、阿賀野」

酒匂
「司令、今、お仕事? それとも、休憩? 休憩中なら酒匂とお話しよう!」

阿賀野
「目安箱の投書も終わったし、阿賀野、『軽巡洋艦一番艦の会』のことを伝達してくるね! 行ってきまぁす」

那珂
「那珂ちゃんも戻ろうっと」

萩風
「萩風も失礼しますね」

うさ擬提督
「……は? え? 『軽巡洋艦一番艦の会』って何、それ!? 『軽巡洋艦の会』ではなく!?」

酒匂
「司令、今日のお夕飯は何にするー?」

うさ擬提督
「酒匂、ちょっと離して。阿賀野! ちょっと待って! 行かないで! せめて詳細を――」

酒匂
「ねぇ、ねぇ、司令ってばぁ」

うさ擬提督
「阿賀野ぉぉぉぉ!」



感想とか


阿賀野の目安箱、第3回目でした。
ほとんどノリで書いているのですが、大丈夫かなぁ?

一応、漠然としてはいますが、毎回テーマらしきものを決めています。

1回目は『おっかなびっくり、思いつきでとりあえず進めてみようの回』。

2回目は『ちょっとした事件を解き明かしてみようの回』。

3回目は『投書がすべて同じ人からだったよの回』。

こんな感じでした。


今回の内容について、投書は加賀さんからでしたね。
そして、なぜか四水戦にもてもて(?)になってしまいました。

萩風は加賀が沈没した時に乗組員を助けたりしていたようです。なので、優しい萩風なら加賀自身を助けられなかったことを気にしたりしているのかなーと思いながら書きました。
髪型を真似ているとかは、私の勝手な創作なので悪しからず。実際はどうなのかはコニシ先生や運営さんに聞かねばわかりません。
加賀沈没の時に赤城も沈没したわけですが、それも看取っていたようなので、ハーフアップの上側で加賀さんの髪型をそして髪を垂らした下側で赤城の髪型を現わしているとかだったら、なんかいい!
などと、書きながら思っていました。


あと、前から薄々思っていたのですが、うさぎっぽい提督は相手によってボケたり、ツッコミになったり変化しているようです。
今回は阿賀野とかがボケてるのでツッコミが多くなりましたが、相手が陸奥とかだったらどちらかと言うとボケになっているような?

『軽巡洋艦一番艦の会』とか言う、訳のわからないものがまたできてしまいました。
それに、目安箱の裏側で『軽巡洋艦の会』なるものが形成されつつあるようですね。
思いつきで書いちゃった『軽巡洋艦の会』は、その時だけで後はスルーしようと思っていたのですが、コメントでの反応があったのでどこかで拾えたらと思います。はい、これから中身を考えます。


こんな感じで、長々と読んでくださりありがとうございました!


↓応援(クリック)よろしくお願いします!(by 阿賀野)
にほんブログ村 ゲームブログ 艦隊これくしょんへ  

阿賀野の目安箱2

Category : うさ擬提督
タチコマ並みのアイドル性を持ったBB-8が可愛過ぎてつらい、ひなたです。

動くBB-8を拝みに映画を観に行くべきかも、それならシリーズすべてを観た方がいいかもなどと考えている今日この頃です。


昨日の『阿賀野の目安箱』で、提督の名前に「うさ提督」と「うさ提督」を混ぜていたのですが、紛らわしいので統一しておきました。
個人的はどっちでもおーけーなので、好きな方を使って下さればと思います。


阿賀野の目安箱2


kancolle16011501.png



鳳翔
「提督、阿賀野さんから目安箱にあった投書を預かっていますよ」

うさ擬提督
「ありがとう。あの子は昨日あんなにやる気だったのに、早速人任せにしたのか。と言うか、鳳翔をあごで使ったとばれたら空母勢が黙っていないぞ、阿賀野。なかなかすごいことをするな、阿賀野」

鳳翔
「あごで使われたなんてことはありませんよ。彼女がやっていることが面白そうだったので、私から声をかけたのです。それに阿賀野さんは軽巡洋艦の会を発足させようと忙しそうにしていましたから」

うさ擬提督
「軽巡洋艦の会……私が言い出したことだが、いろいろと不安になってきた」

鳳翔
「提督が阿賀野さんを信じなくてどうするのです。彼女なら大丈夫ですよ」

うさ擬提督
「……そうだな。能代も矢矧もいるし、大丈夫だろう」

鳳翔
「もうひとり忘れていませんか」

うさ擬提督
「酒匂はマスコットだから!」

鳳翔
「あまり失礼なことを言っては駄目ですよ」

うさ擬提督
「ごめんなさい!」

鳳翔
「ふふっ、素直でよろしいですね」

うさ擬提督
「うぅ……と、投書を早速読んでみよう!」

鳳翔
「はい、どうぞ。僭越ながら、先に中を改めさせて頂きました」

うさ擬提督
「いいよ、いいよ。で、どうだった?」

鳳翔
「ちょっと不思議なことが起きているようですね」

うさ擬提督
「不思議なこと? とにかく読んでみよう! 『ご主人様♪ 目安箱キタコレo(^▽^)o なかなか粋な計らいですね~^^ 早速、SZNMも利用させて頂きマッス( ̄^ ̄)ゞ』――もう、読むの疲れた」

鳳翔
「提督、最後まで読まなくちゃ駄目ですよ」

うさ擬提督
「ですよねー! ……漣、覚えていろよ。『朝方、駆逐艦寮の廊下を走り回る不届き者がいるのです、ご主人様! SZNM的には朝はもっと静かにゆっくり過ごしたいんですけど~(♯`∧´) SZNM調べによると、雪が積もった日に騒々しいことが多いと思われますΣ(゚□゚*) お時間あったら、調査をお願いしたく思う次第であります! SZNMより☆』――はぁ、読み切ったぞ」

鳳翔
「お疲れ様です。誰が走り回っているんでしょうね?」

うさ擬提督
「川内……は夜じゃないから違うな。朝方、見張りを置いておくか。走っているのが誰かわかれば注意できるし」

鳳翔
「そうですね。遠征の持ち回りなども考慮して、適任の者を配置しましょう」

うさ擬提督
「よろしく頼むよ」

鳳翔
「次の投書もご覧ください」

うさ擬提督
「どれどれ、『冬になってから、私の畑を踏み荒らす輩がいるようだ。大和の畑も被害にあっている聞く。不幸中の幸いと言うべきか、今のところ荒らされているのは土を休ませている畑なので農作物に被害はない。足跡を見るに、人の仕業だということはわかっている。可能なら調査をお願いしたい。人員を寄越してくれれば、こちらで対処するのもいいと思っているのがどうだろうか? 参考になるかわからないが、雪が積もった日の朝ばかり狙われているようだ。返事をよろしく頼むぞ。 武蔵』――なるほどねー」

鳳翔
「我が鎮守府の二大農園、『大和農園』と『武蔵農園』のどちらにも被害があるのは放っておけないですね。実害が少ないようなのが救いではありますが」

うさ擬提督
「そうだな。それにしても……」

鳳翔
「どうしました? 何か気になることでも?」

うさ擬提督
「二つの投書とも雪の日に事が起きている。関連があるのか、それともたまたまなのか?」

鳳翔
「確かに気になりますね」

うさ擬提督
「投書のタイミング的にも同じ時に起きている可能性があるかもしれない」

鳳翔
「被害のあった日を調査して、比較してみましょうか?」

うさ擬提督
「そうだな。頼んでも大丈夫かい?」

鳳翔
「はい」

うさ擬提督
「人手が必要なら、空母勢に声をかけてみるといい。鳳翔の頼みなら動いてくれる子が多いだろうし」

鳳翔
「わかりました。そうしますね」

うさ擬提督
「あとはそうだな――」

島風
「提督ー!」

白露
「提督!」

うさ擬提督
「おっと、二人ともいきなりどうしたんだい?」

島風
「あのね、提督――」

白露
「ちょっとー! あたしが一番先に言うんだからねっ!」

島風
「白露が言い出すのが遅いからでしょ。島風の方が早いんだから!」

白露
「白露、遅くないもん。あたしが一番なんだから! ねぇ? 提督!」

島風
「違うよ! 違うよね、提督? 島風が一番だよね?」

うさ擬提督
「ちょ、ちょっと待って、押さないで」

鳳翔
「二人とも提督が困っていますよ。わかりやすく順番に言ってください。まずは白露さんから」

白露
「やったー! いっちばーん!」

島風
「えー! 何で私が後なのー!?」

鳳翔
「島風さんの話もちゃんと聞きますから、心配しなくても大丈夫ですよ」

島風
「うぅ」

うさ擬提督
「何だろう。鳳翔はいつもの笑顔でいつもの雰囲気なのに、なぜか逆らったら危ないような気配が……」

鳳翔
「何か仰いましたか?」

うさ擬提督
「いいえ! 何も! 続けてください」

鳳翔
「それでは白露さん、どうぞ」

白露
「あたしが一番先だったのに、島風が邪魔するの!」

鳳翔
「何を邪魔するんです?」

白露
「雪遊び! 真っ白ーい雪の中を一番最初に走ったのは白露なんだから!」

島風
「だーかーらー、私が先に雪に足跡つけたんだから! 島風の方が早いんだから!」

うさ擬提督
「えーっと、雪に足跡をつけるのを競っていたってことかい?」

白露
「そうですっ!」

島風
「そうよ!」

うさ擬提督
「何という健全なお遊び! 確かに、雪が積もったばかりのまっさらで無垢な場所に足跡をつける快感はわかる、わかるぞ!」

鳳翔
「感動しているところ申し訳ないのですが、提督、話を進めてもよろしいですか?」

うさ擬提督
「どうぞ、どうぞ」

鳳翔
「ちなみに聞きますが、どこに足跡をつけていたのですか?」

白露
「えっと~」

島風
「農園のあたりだよ!」

うさ擬提督
「まさか……」

鳳翔
「足跡をつけた時間帯はいつ頃ですか?」

白露
「朝いっちばーんだよ!」

島風
「だから、私が一番先だってばー」

鳳翔
「朝早くと言うことですね。そうなると、早起きしたのでしょうか?」

白露
「もちろんっ!」

島風
「島風は早寝早起きだからね!」

鳳翔
「その時、廊下を走ってはいませんでしたか?」

うさ擬提督
「あ!」

白露
「うーん。ちょっと走っちゃったかなー?」

島風
「島風は早いから、廊下を歩くのも早いんだよ!」

鳳翔
「早歩きなら許容範囲ですが、走っていたのではありませんか?」

島風
「そうとも言うかもね!」

鳳翔
「と言うことらしいですよ、提督。まぁ、ちゃんと調査しないと確かなことは言えませんけど」

うさ擬提督
「おーまーえーたーちー」

白露
「え? 何で提督怒ってるの?」

うさ擬提督
「廊下は走ったら駄目だろう! 島風にはよく言っているはずだが?」

島風
「おぅ!」

うさ擬提督
「それに、お前たちが雪に足跡つけていたのは農園の敷地だ! 農作物に被害がなかったからいいものの、場所を考えなさい!」

白露
「ごめんなさい!」

島風
「ごめんね、提督」

うさ擬提督
「素直でよろしい。あとで大和と武蔵にも謝りに行きなさい」

島風
「え~! 武蔵、怒ると怖いんだよ」

うさ擬提督
「ちゃんと行きなさい!」

白露
「はぁい」

島風
「はーい」

鳳翔
「念のため、被害のあった日とこの二人が雪遊びした日を照らし合わせましょう。でも、一件落着のようですね」

うさ擬提督
「私の存在などいらないくらい華麗に問題を解決してくれてありがとう」

鳳翔
「褒めて頂き光栄です。でも、提督がいないとこの鎮守府はやっていけませんよ」

うさ擬提督
「なーに、いざとなれば鳳翔ならみんなを率いていけるだろう。私も安心だ」

鳳翔
「提督にそう言って頂けて嬉しいです」

うさ擬提督
「よし。事件解決! 紅茶でも飲むかー。って、また阿賀野は服をこんなところに置きっぱなしにしてー」(※画像左下を参照)

矢矧
「失礼します! あ、提督、その服は私のです! すみません、置きっぱなしにして」

うさ擬提督
「え……ええっ!? これ、矢矧のなの!?」

矢矧
「洗濯物を取り込んで、畳もうと思ったのですが、こちらに寄った時に忘れてしまったようです」

うさ擬提督
「意外なる事実に驚きを隠せない私を許してくれ」

矢矧
「それでは失礼しました」

うさ擬提督
「当分、これ以上の驚きには出会えないだろう。貴重な出会いであった」



白露・島風
「「それで、結局どっちが一番なの!?」」



ごちゃごちゃ


ただ今、ふたさんよんまる。

本日のブログ更新まで時間がなくて、追われています。
誤字脱字などあったらまた直すかもね!

『阿賀野の目安箱』と言いつつ、阿賀野が出ていないお話になりました。
続き物にはしないと言いつつ、ちょっと続いている感じなのは許して下さい。
でも、単品でも楽しめるはず。たぶん。

鳳翔さんはうちでも強いようです。母は強し、ですね!

ラストの矢矧登場は昨日の記事に頂いたコメントから考えました。
ネタを頂き、ありがとうございます!
まさか矢矧の服だったことに驚きを隠せない提督です。私も驚いていますよ。


それにしても、何だか盛りだくさんになってしまいましたね。
まだ続きますよー。

運営さんのツイートは載せませんが、簡単にまとめておくと、冬イベは「礼号作戦」がモチーフで甲作戦を選ぶ提督は覚悟しろ、ということらしいですね。
盛り上がって参りましたー!

そしてそして、運営さんのツイッターアイコンが更新されました。


l9ycYkox.png

ジャケットが姉二人とおそろいですね!
何というイケメン……げふごほ、美人なことか! 

これでそろいましたね! 阿賀野型三姉妹……げふごほ、失礼しました。阿賀野型四姉妹ですね! 末っ子、酒匂もきっと描き下ろしがあることでしょうし、楽しみにしております。……あるよね?(震え声)

矢矧の手に持つコップらしきものから、やはり□ーソンコラボではないかという噂ですね。
良かった。うちの田舎にも存在するコンビニです。

続報を楽しみに待ちましょう!



↓応援(クリック)よろしくお願いしますね!(by 鳳翔)
にほんブログ村 ゲームブログ 艦隊これくしょんへ  

阿賀野の目安箱

Category : うさ擬提督
阿賀野の目安箱


kancolle16011401.png



うさ擬提督
「何か用事があると言っていたね?」

阿賀野
「そうなのよ、提督さん! なんと、阿賀野、目安箱を作ってみました!!」

うさ擬提督
「……目安箱? 何となく嫌な予感がするような、しないような。それをどうする気だい?」

阿賀野
「本当は提督さんに許可をもらってからがいいと思ったんだけど、びっくりさせようと思ってぇ。提督さん、驚いたぁ?」

うさ擬提督
「驚いた、驚いた。びっくりするくらい私の質問に対する説明がなくて驚いた」

阿賀野
「そう? 良かったぁ。実を言うと、ちょっとだけ能代にも手伝ってもらっちゃったんだけどぉ」

うさ擬提督
「うんうん、能代がとても頑張って、ちょっとだけ阿賀野が手伝っている光景が目に浮かぶよ」

阿賀野
「提督さん、逆よぉ。阿賀野がとーっても頑張って、ちょっとだけ能代が手伝ってくれたのよ」

うさ擬提督
「うんうん、能代がとーっても頑張って、ちょっとだけ阿賀野が邪魔している光景が目に浮かぶよ」

阿賀野
「だからぁ、阿賀野が頑張ったんだってばぁ! もう、意地悪言うなら目安箱のこと教えてあげないわよ」

うさ擬提督
「ごめんごめん」

阿賀野
「まぁ、いいわ。えっと、目安箱を設置してね、みんなの気持ちを聞いちゃおうっていう訳なのよ。もちろん匿名でもいいってことで。それで、提督さんがみんなが困っていることとかを解決しちゃうのよ。ほら、人数も増えてきたし、喧嘩とかしたら駄目でしょ。そういうのを防げば、艦隊の士気も上がると思うの!」

うさ擬提督
「やっと本題に入ったと思ったら、私が中心みたいなのに勝手に進めていたんだね」

阿賀野
「だから、それは驚かせようと思ってぇ」

うさ擬提督
「しかも、仕事が増えたっぽい?」

阿賀野
「提督さん、みんなのためにも必要なことだと思うの。提督さんはここの鎮守府を守り、艦隊を導いていかなきゃならないんだから、しっかりしてよぉ」

うさ擬提督
「阿賀野に諭された! もちろん、私にできることはする所存だよ。もし、目安箱に投書があったら言ってくれ」

阿賀野
「じゃじゃーん! さっそくお便りが来ちゃいましたぁ!」

うさ擬提督
「もう来てるの!?」

阿賀野
「驚かせようと思って、すでに設置済みよ」

うさ擬提督
「阿賀野はたまにできる子だね」

阿賀野
「でしょでしょー。阿賀野、頑張ったんだから」

うさ擬提督
「『たまに』が耳に届いていなかったようだ」

阿賀野
「それでは一通目をどうぞ!」

うさ擬提督
「えっと、どれどれ。『最近、さらに寒くなってきました。そのせいか、提督がこたつに入っている時間が長くなっています。そのことは良いのですが、こたつで寝てしまうと風邪をひくかもしれません。身体が資本なんですから、気をつけてくださいね。 鳳翔』」

阿賀野
「そうよぉ、提督さん気をつけてよねぇ」

うさ擬提督
「……思いっきり私のことじゃないかー! 鎮守府がーとか艦隊がーとか言っていたのに思っていた以上に私的なことな気がする! しかも、匿名かと思いきや思いっきり名前が書いてあるし! でもって、こたつで寝てるのは阿賀野もだろう!」

阿賀野
「阿賀野も気をつけるから、提督さんも気をつけてよね!」

うさ擬提督
「ワカリマシタ」

阿賀野
「はい、次どうぞ!」

うさ擬提督
「まだあるんだ。なになに、『このところ出撃することが減りました。練度も上がり切ったし、仕方がないと思っています。でも、たまには北上さんと一緒に出撃したいなー。まったく、提督ってば融通が利かないわね。あ、ごめんなさい、つい本音が。時々でいいので、北上さんと一緒に敵を海の底に沈めたいです♡ 北上さんの○○Iより』」

阿賀野
「まるまるあいさん? 一体誰が投書したのかしら? これは相手がわからないと要望に答えられないわね」

うさ擬提督
「文脈で一目瞭然だから! しかも、最後に『まる・まる・I』って書いてあるけど、『まる』を『アルファベットのオー』にしたらそのまんまだから! 隠せてないから!」

阿賀野
「ああ、なるほど! 大井ね! さすが提督さん」

うさ擬提督
「褒められた気がしない」

阿賀野
「提督さん、たまには大井を出撃させてあげてよね!」

うさ擬提督
「善処します」

阿賀野
「それじゃあ、これで最後よ」

うさ擬提督
「読むよー。『青葉、見ちゃいました! 夜な夜な5500t級と思われる軽巡洋艦が1隻、重巡洋艦寮付近で叫んでいたのです! 熊野さんは〈そんな馬鹿は放っておきなさいな〉と仰っていましたが、摩耶さんがかなり怒っちゃっていて何とか鳥海さんが押し留めているところです! 早急に対処が必要かもしれません! 青葉、引き続き取材致します!』」

阿賀野
「川内ったら夜戦が本当に好きよねぇ」

うさ擬提督
「さすがに阿賀野でも誰のことかわかるんだね」

阿賀野
「当たり前じゃない! でも、差出人は誰かしら? 匿名すらないみたいね」

うさ擬提督
「一番最初に書いてあったでしょ!」

阿賀野
「あ、あったわ」

うさ擬提督
「やっぱり、抜けているなぁ。とりあえず、川内は夜戦にでも連れて行ったら、ちょっとくらい収まるでしょう。近々、出撃してもらうとするかー。摩耶は後で機嫌を取っておこう」

阿賀野
「何だか軽巡系の子に関する投書が多かったわね」

うさ擬提督
「高速戦艦の会や正規空母の会みたいに、軽巡洋艦(重雷装巡洋艦含む)の会でも作って意見交換するのもいいかもしれないよ」

阿賀野
「それ、いいわね! 早速、能代達にも相談してみるわ」

うさ擬提督
「無茶して、能代に迷惑かけるなよー。まぁ、任せたよ」

阿賀野
「任せておいてっ!」

うさ擬提督
「それにしても、最初にしては思った以上に投書があったな。もしかして、これって続けるの?」

阿賀野
「当たり前じゃない! 本番はこれからよぉ。続けて設置しておくわね」

うさ擬提督
「了解。そっちも任せたよ。ところで、阿賀野」

阿賀野
「なぁに、提督さん?」

うさ擬提督
「また服をこんなところに置いてー。能代に怒られるぞ」(※画像左下を参照)

阿賀野
「忘れてたぁ! ちょっと片付けてくるわね」

うさ擬提督
「はいはい。行ってらっしゃーい」




もしかして、これって続けるの?


ネタができたら続けます。
今日、思い立って作ったので、行きあたりばったりですが楽しんで頂けたらいいなー。
もうちょっとネタを練ってからアップしろよと思いながらも、新鮮なうちに(?)公開しちゃえの精神で載せました。
うさ擬提督の会話形式の創作、【今年もおしまいですねー】で手紙が届いたよというのを発展させてみました。
続けるとしても、続き物と言う訳ではないので、個別に楽しんで頂けるようにしたいと思います。

阿賀野はしっかりしているようで、やっぱり抜けていて、でもやっぱりしっかりしたところもあるかもしれないっぽいですね。
今後も頑張ってもらいましょう。

軽巡の会はあるんでしょうか? あってもおかしくないなー。でも、まとまりがありそうだけど、結構みんな自由にしていそうな気がします。
うちの場合は、やはり筆頭は阿賀野でしょうか。でも、後ろで支えているのは能代な気がします。
能代と神通は手のかかる姉を持ったしっかり者同士、那珂仲がいいかもしれません。能代が神通に戦術について質問していたりするのもいいかも?

そんなやり取りを誰か書いて(描いて)下さい。自分で書け? ……頑張ります。



↓応援(クリック)よろしくお願いしまーす!(by 阿賀野)
にほんブログ村 ゲームブログ 艦隊これくしょんへ  

イベントこいこい

Category : 日記
特につっこむ訳ではないですが、何だか芸能ニュースが騒がしいですね。ひなたです。

知人
「年度末が近いからじゃない?」

ひなた
「なるほど。いろいろ清算しておこうということかな」

知人
「そういうこと」

などと、何が「なるほど」なのかよくわからない他人事な会話をしておりました。
おめでたい話は嬉しくなるんですけどねー。



小規模!



イベントは小規模!
ただし、必要な資源が少なくて済むと言う訳ではないし、難易度が簡単だと言う訳でもない!

最近の傾向から、掘りでやたらと資源使いそうな気がします。1回1回の出撃が資源的に重そう? あと、小鬼ちゃんが出てきそうですね。
情報が少ないので、予想でしかありませんが。
蓋を開ければ、楽だったという可能性もありますからね。

何はともあれ、楽しみです。


「艦これ改」のパッケージ(?)ができているという話も聞きました。
そうなると、2月発売で完全に決定かも?
この間、情報出ないーとか書いてたばかりだったのですが、期待しても大丈夫……なのかな?
でも、過度な期待はしない方がいいですね。予防線も時には大事なのです。
そういうことで、ちょろっと期待しておきます。



↓応援(クリック)よろしくねっ!(by 皐月)
にほんブログ村 ゲームブログ 艦隊これくしょんへ  

1月12日分の記事なのです!

Category : 日記
またもコロンボ観ていたひなたです。
しかも、日付変わっちゃいましたねー。

昨日分の記事を日付変わってから書いています……。

本日、観ていたコロンボは初期の頃のものみたいで、コロンボさんがかなり若かったです。
若かったためなのか、きれっきれでしたね! 行動も言葉も鋭さがありました。とてもかっこいい!
年を重ねるともっと柔らかくなっている気がします。
脚本とかも違うからかもしれませんが。

若い頃はとぼけながらも抜き身の刀をいつもちらつかせている感じで、年を重ねたら普段は刀を鞘に収めていて重要な所でだけ刀を抜いている感じでしょうか(例えになっているかな?)
ただし、年関係なく同じなのは推理力や行動力ですね。刀の切れ味はいつでも抜群なようです。さすがコロンボさん!

前置きはこのくらいにして、艦これなどのお話に移りましょうか。


艦これ


本日は特筆すべきことがないですねー。
改二来る子の育成も終わったことにしましたし、今月はゆっくり過ごしていますし。

私のツイッターのアイコンをブログのプロフィールに使っているまるひの旗を持った阿賀野にしようかなーと思いましたが、止めました。
理由は、今の運営さんのツイッターアイコンとかぶってしまうからです。
紛らわしいことはしない方が良いでしょうからね。
阿賀野の画像が公開されて以降、コラボの話は聞きませんね。とても焦らされているような気がします。
一体どうなっているのか、阿賀野型が関わるだけに私、気になります!

と言う訳で、いろいろ情報くださいな!




新しくイベントが始まり、新しい子も増えたのでユリちゃん狙って1回ガチャしました。








flower16011201.png

ペンタスちゃん、げっとなのです!
うーん、記憶違いかもしれませんが、誰かがこの子を欲しがっていたような気がする?

大人しそうな子ですね。
艦これで大人しい子と言えば強い子という風潮がありますが、花騎士ではどうなんでしょうね。
とりあえず、ひとつ言えることは、SDキャラのくるんと一回転して、スカートをつまむ仕草が可愛かったです。
頑張って育てましょう!



↓応援(クリック)よろしくねっ!(by 皐月)
にほんブログ村 ゲームブログ 艦隊これくしょんへ  

本家でも艦娘が動かないかしら

Category : 日記
コロンボ観てたらブログの更新遅れちゃいました(小声)
ひなたです。

メンテなど



メンテですねー。
霞ちゃんもそわそわし出すかもですねー。


本日の演習は皐月を旗艦にしている提督さんが多かったですね。
霞の育成が終わり、皐月を育て始めている方が多かったのかも?
皐月改二の実装はまだ先だと思うので、今からぼちぼち育ててもたぶん間に合うと思うので皆さま頑張ってください。

今日はブログのネタがないですね。
まぁ、そういう日もありますよね。


最近ちょっと心配なのが、「艦これ改」の新情報が出てこないことです。
現状はどうなっているのでしょうか?
まさか、また延k(この先はふぉいやーされている)

「艦これ改」と言えば、艦娘がぬるぬる動くようですね。Live2Dと言うやつでしょうか。
実は、Live2Dで私も阿賀野を動かそうかと思い立ったことがあるのですが、うちのPCのスペックじゃちょっと対応しきれなかったので今は諦めています。誰かやってください。
ちょこっといじった感じだと、3Dモデル(って言うのかな?)を作るよりは楽な気がしたので、嫁を動かしてみたいと言う方はやり方調べてやってみるのもいいかもしれません。
もしうちのPCがグレードアップした暁には手を出すかもしれないです。いつになることやら。
たぶんその前に「艦これ改」が発売されて、綺麗に動いてくれているはずなのでそれで満足している可能性もありますね。

私は3Dで動くものより、2Dで動いてくれる方が好きみたいなので「艦これ改」にそのあたりは期待しています。
一方、3Dモデル搭載な「艦これアーケード」もちょっとやってみたいですが、あの類のゲームをあまりやったことがないので手を出しにくいですね。カードも特に集める趣味はないですし。でも、ゲームが面白そう。
まぁ、機会があればですね。その時は一体誰を手にすることになるのか、楽しみです。


適当に思いついたことを並べました。
メンテまではちょっとブログの記事が薄い感じになるかもですが、お付き合い頂けたら嬉しいです。
何かネタを探そうっと。


↓応援(クリック)よろしくねっ!(by 皐月)
にほんブログ村 ゲームブログ 艦隊これくしょんへ  

さらに強化

Category : 日記

kancolle16011001.png


追加鍛錬でまたも強化された霞ちゃんです。
レベル80になりました!
お疲れ様です。入渠してください。
ちなみにですが、皐月はレベル90になりました。3日前のブログ記事を見ると、レベル86だったようなので4つ上がりましたね。

今度こそ、改二実装前の育成終了ということで。
コンバート改装、楽しみですね。一体どんな形で強化されるのか、絵はどんな感じになるのか、早く知りたいです。
今年最初の改二実装がコンバートということで、今年はコンバートな子が増えるのかも?



冬イベ



冬イベもちゃんとあるようです!

ちょうどイベントが始まると思われる頃に予定が入っているので、攻略が後ろにずれるかもですが、まぁ何とかなるでしょう。
最近の堀りの場所が資源的に結構重い所が多い気がするので、そこが心配ではありますね。

資源は各20万前後集まっています。
バケツはようやく800個を超えました。4ケタにはしておきたいですね。
もしかすると、霞ちゃん大暴れのイベントになる可能性もあります。

……あれ? 皐月改二はいつ実装するのでしょう?
イベントの後だとかなり先の話になりますね。イベントと同時くらいでしょうか。
皐月の改二だということ前提で話を進めていますが、長月改二の可能性もゼロじゃないんですよね。長月改二でも個人的にはおいしいですねー。レベル70越えていますし、何とかなるのでいつでも来て頂戴!


↓応援(クリック)しなさいったらっ!(by 霞)
にほんブログ村 ゲームブログ 艦隊これくしょんへ  

駆逐艦を育成しましょう

Category : 日記


本日の運営さんのツイートです。
まさかの霞ちゃんコンバート改装!

昨日、レベル75でレベリング終了と思ったのですが、ちょっと心配になってきました。
レベル80まで上げておこうかなー。
「だったら最初から上げておきなさいよ、このクズ!」とか言われちゃいそうですね。でも、何だかんだ言いつつやる気はあると思うので、頑張ってもらいましょう。


霞もですが、駆逐艦について全体的に強化が必要だと思っているので、重点的にレベリングをやって行きたいと思います。

レベリングのプロな方々に駆逐艦育成についての助言を頂いたので、活かしていきたいですね。
【4-2】および【5-3】を中心に回っておられる方と【5-4】および【3-2】を中心に回っておられる方がいらっしゃいました。

質問に答えて頂き、ありがとうございましたー!
(名前を載せるかどうか悩んで何となくやめておきました。たぶん載せても大丈夫と言って頂けるとは思いますが……)

東方任務をスルーしていましたが、駆逐艦を連れて【4-2】を回ろうかなー。
東方任務が出現するまでは【5-4】を回りつつ、隙間時間で【3-2】に行ったりするといいかもです。【3-2】なら、五連装酸素魚雷大井北上とまるゆもついでに育てやすいですし、一石四鳥くらいになりますね(最近【3-2】に行っていなかった)
あとは自分のやりやすいようにちょっとずつ最適化していきましょう。

【5-3】はバケツが余っていたらいいかもということでした。うちはバケツ余っていないのでここはやめておいた方がいいかもです!
いつかバケツをカンストしてみたいですね。バケツが減らなくて困るーとか言ってみたいです! ……ただの夢です。

と言う訳で、こんな感じでちょっと頑張ってみますね。


↓応援(クリック)しなさいったらっ!(by 霞)
にほんブログ村 ゲームブログ 艦隊これくしょんへ  

ぎゃらりー(10種類)

カレンダー

12 | 2016/01 | 02
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -

ユニーク数

PV数(16/01/05~)

創作しちゃったよ

カテゴリ

月別アーカイブ